4月23日(日)に岩科学校周辺にて第32回岩科重文まつりが開催されます。

岩科学校は、国の重要文化財に指定されている、伊豆地区最古の小学校で、なまこ壁を生かした社寺風建築様式とバルコニーなどの洋風様式を取り入れており、二階にある入江長八によって施された千羽鶴の舞う「鶴の間」は必見です。
当日は郷土芸能の披露や、地場産品の長売、体験コーナー、サービスコーナーなどで賑わいます。