千貫門

西伊豆や南伊豆をはじめとする伊豆半島南部の広い地域は、伊豆が本州に衝突する前に噴火した海底火山や火山島によってつくられています。遊歩道の先にある千貫門や、千貫門の右手にみえる烏帽子山(えぼしやま)は、かつて海底火山の地下にあった「マグマの通り道」が地上に姿を現した「火山の根(火山岩頸(かざんがんけい))」の一部です。

千貫門には、岩の中央部分に波で削られてできたトンネル(海食洞(かいしょくどう))があり、巨大な門のように見えるその姿は烏帽子山山頂にある雲見浅間神社(くもみせんげんじんじゃ)の門に見立てられ「浅間門(せんげんもん)」と呼ばれていましたが、「見る価値が千貫文(せんがんもん)にも値する」という意味から「千貫門」と呼ばれるようになりました。

施設詳細

名称 千貫門
所在地 〒410-3611 静岡県賀茂郡松崎町雲見
電話番号 0558-45-0844(雲見温泉観光協会)
営業  
休業日 なし(年中無休)
料金 無料
関連リンク  
備考  

アクセス・駐車場

アクセス

東海バス松崎ターミナルからのアクセス

  • ・西伊豆東海バス「雲見入谷」方面行きバス乗車(乗車時間約19分)
  • ・停留所「雲見温泉」下車後徒歩約15分
  • ※松崎町までのアクセスについては「アクセス」ページをご参照ください。
駐車場