岡村末次郎

  • HOME »
  • 岡村末次郎

映画「空海」の遣唐使船も、大河ドラマ「黄金の日々」に登場した千石船も、松崎の岡村造船所社長岡村末次郎(故人)が造ったものである。明治44年(1911)生まれ。船大工の修業を始めたのが15歳だった。その後、船舶工兵としてフィリピンを転戦。復員後は独立して伝馬船から漁船・帆船まで、なんでも手がけたが、なかでもカッター製造技術の優秀性にかけては定評があった。趣味は船の模型造りで、松崎町役場に遣唐使船のミニチュアが展示されている。

PAGETOP
Copyright © 松崎町観光協会 All Rights Reserved.