tyohati

文化12年(1815)に松崎町明地に生まれた伊豆の長八(入江長八)は、漆喰鏝絵を芸術の域にまで高め、左官の名工とうたわれています。長八が伝えた漆喰鏝絵は、全国各地に残っていますが、生活様式の変化や老朽化により姿を消しつつあります。こうした中、漆喰鏝絵の重要性認識し、全国各地で保存活動や漆喰鏝絵によるまちづくりも行われています。

伊豆の長八生誕200年にあたる本年、全国各地で活動している関係者に出席いただき長八シンポジウムを開催することにより、漆喰鏝絵や歴史的な建物を活用したまちづくりの展開を考えます。多くの皆様のご来場をお待ちしております。

2015年9月26日(土)13:30~

会場 : 松崎町環境改善センター文化ホール

入場無料   ※お車でお越しの方は、中瀬駐車場をご利用ください。

開会、漆喰鏝絵コンクール表彰式(13:30~14:00)

基調講演(14:00~14:50)
「幕末・明治の空前絶後の鏝絵師 伊豆の長八」
常葉大学名誉教授・掛川市ステンドグラス美術館館長 日比野秀男 様

パネルディスカッション(15:00~17:00)
「鏝絵を活かしたまちづくり」
コーディネーター
パネリスト