季節の花々

「花とロマンの里」松崎。
温暖な気候がもたらす四季の花々は松崎の宝です。
新しい季節の到来を告げる彩り豊かな花が、訪れる人の心を潤します。

田んぼをつかった花畑

開花期:3月上旬から5月5日まで

農閑期の田んぼ約5.8万平方メートルに、6種類の花が咲き乱れる「田んぼをつかった花畑」。訪れる時期によって異なる花畑を楽しむことができます。開花期は3月上旬から5月5日までで、毎年5月1日から5日までは無料花摘みを実施しています。

高通山の山桜

開花期:3月中旬から4月上旬頃

高通山では3月中旬から山桜が見頃を迎えます。山裾から山頂付近までにたくさんの山桜があり、一斉に開花し、山のあちこちに白い花を咲かせます。満開時に登山口から高通山山頂を見ると、中腹から山頂にかけて山が白く見えるほどです。

那賀川沿いの桜並木

開花期:3月下旬から4月上旬頃

松崎町の中心を流れる那賀川沿いには、6キロにわたり約1,200本ものソメイヨシノが植えられています。開花時期は3月下旬から4月上旬で、ライトアップも行われ幻想的な夜桜をお楽しみいただけます。

高通山のツツジ

開花期:4月下旬から5月中旬頃

雲見の高通山山頂付近一帯には数千本のヤマツツジが群生しており、4月下旬から咲き誇り、5月中旬まで花を楽しむことができます。

山頂からは眼下に駿河湾が広がり、富士山も望むことができます。遊歩道も整備されハイキングにも最適です。国道136号沿いにある高通山登山口から山頂までは、徒歩で約50分です。

長九郎山のシャクナゲ

開花期:5月中旬から6月中旬頃

新緑の5月中旬から6月中旬頃、松崎町の北東にそびえる長九郎山の原生林がアマギシャクナゲのピンクで彩られます。長九郎山は、アマギシャクナゲの南限とされており、花の色が濃く丈の高いのが特徴とされています。またドウダンツツジやヒメシャラの群落も楽しむことが出来ます。

山頂の展望台からは、天気が良ければ天城連山をはじめ、富士山や南アルプス、伊豆七島など360度見渡すことができます。

あじさい

開花期:6月上旬から下旬頃

那賀川沿い、しんしま橋から南郷橋あたりまでの約3キロの区間には、約3,000本のアジサイが植えられて、6月に入るとその花を咲かせます。河川沿いには遊歩道やベンチも整備され、色とりどりに咲くあじさいの花を眺めながら歩くことができます。

石部地区ではアジサイの原種といわれるガクアジサイ(両性花のまわりに中性花の咲いた様子を額縁にたとえたもの)が山に自生しています。

また牛原山町民の森は、平成16年7月に放送された人気ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」に登場する「アジサイの丘」としてロケ地使用されました。放送終了後に植栽されたあじさいが6月中旬に見頃を迎えます。

松崎の町花ツワブキ

開花期:10月下旬から11月下旬頃

ツワブキは町の歴史と共に咲き継いできた花として町民が選んだ町花です。10月下旬から11月下旬にかけて、海に近い山林の下生えや岩の根方に、ひっそりと質素な黄色い花をつけます。

牛原山町民の森の梅園

開花期:1月中旬から2月末頃

松崎町のほぼ中央に位置する牛原山は、標高236mのなだらかな山です。山裾をとりまくように那賀川・岩科川が流れ、山頂からは町の中心街や駿河湾、富士山、南アルプスものぞめます。梅園には「八重寒梅」「八重茶青」など10種類、約300本が植えられており、1月中旬から2月末頃まで花を咲かせます。

関連スポット