【早稲田大学卯月ゼミ】風景百選 第一期入賞作品

◯企画説明

第二回となる風景百選の選定は感染防止のためにワークショップを行わず皆さんにアンケートに答えてもらう形で行う形へと変更させていただきました。
以下の5つのフォームのリンクをクリックして頂き4段階で松崎町の風景百選に相応しいと思う写真をお選びください。
アンケートにお答えいただくと表示される5つのキーワードを並べて応募して頂くとささやかながら抽選でプレゼントを贈呈いたします。

ご協力お願いします。

 

~(風景百選の背景)~

班の設立から1年間、松崎町でどのような活動をしていくことが私たち卯月ゼミ、松崎町、そして町民のためになるのかを深く考えてきました。そうした中で見つけ出したのが、「子どもたちと風景百選を選定する」ことです。

 

1.なぜ「子どもたち」なのか
・松崎の将来を担う子どもたちが、自らの手で主体的にまちづくりをしていく。たとえそれが行政が行うようなまちづくりとは異なるものであったとしても、子どもたちが自分自身で自分の住む町について考える体験そのものが、十年、二十年先のまちづくり活動につながる。そう卯月ゼミは考えています。実際問題、少子高齢化が進む日本の自治体において、市民とのコミュニケーションによるまちづくりでは、最も弱く最も少数派である子どもたちに重点を置くことが課題解決の糸口になるとされています。

 

2.なぜ「風景百選」なのか
・では、まちの将来を担う子どもたちとのまちづくりとは何なのか。その最初のステップは、子どもたちが松崎を深く知り、そして好きになることです。町を知ることは、簡単なようで住民にとっては実はとても難しいことです。だからこそ、“外”から来た者として、大人と子どもの間である大学生として、私たちは松崎の魅力を「風景」という切り口から子どもたちとともに活動をしていこうと考えたのです。“風景”とは、市民の暮らしが視覚的に表現されたものであり、美しい風景があるところには、必ず美しい心を持つ市民がいるといわれています。松崎町での活動で、風景やその風景をつくり上げる町の方々と交流をしていく中で風景百選を行いたいと考えました。

風景百選 第1期入賞作品


視覚・聴覚大賞
夏の景色


山開きの夜


職人技


嗅覚大賞
インスタ女子


松崎の花火


神様の通り道


海光る


暮らし


伊豆半島太鼓フェスティバル


依田邸


夏、といえば


霧の富貴野山


吉田池


散歩風景


味覚大賞
自家製栗ごはん


松崎の自然風景


触覚大賞
ようこそ松崎へ


信条に負けるなよ


伊豆半島太鼓フェスティバル


数十年に一度咲くリュウゼツラン


夕日


灯籠流し


おだやかな日


夏の思い出


虫の音響く青い空


第20回伊豆半島太鼓フェスティバル 「伊豆松崎牛原太鼓」


花筏


祭り


端午の節句に


松崎の風景


海遊び


精霊報恩演奏会


夕焼け


しょっぱ!あまっ!もちっ!うま~~!!


幻のポンカン


五月晴れが気持ちいい


農家が一番気合の入る時


大澤 少暑の頃


石火の棚田


烏帽子山から見た千貫門


雲見浅間神社


黄昏泣き終える頃には「誰そ彼」


景色


稲の見張り番


娘とジオ


景色!


夕日


ここは松崎銀座通り


第20回伊豆半島太鼓フェスティバル 開催前


富貴野山21世紀の森「健康の森林」の静けさ